02


汐です。パチンコ潜伏狙いについて書きます。

先に言っておきますが2015年2月26日現在からみてここ半年の間、潜伏狙いで食える機種はほとんど出ていません。理由としては潜伏していても特殊モードを抜けないandそもそも潜伏しない機種が主流になっているためです。

ですが1年以上前にはかなり多くの潜伏しても特殊モードを抜けるかつ潜伏割合が高い機種が多く出ていて現在でもバラエティコーナーでひっそり潜伏していることがあります。また、甘パチではSTタイプで電チュー抜けなど最近でも割と多いです。

朝一ランプはまず拾えないと思ってください。パチンコ朝一ランプ、去年は2回拾えたのみです。(エヴァ8と仮面ライダーST)

パターン1
出玉無し確変or小当たり(ハズレ)

ルパンで言うと雷雲モード(機種名を挙げると限りない)

真ん中に特殊な図柄が止まって大当たりみたいな演出が出るやつです。

これは多くの場合ラウンドランプがついた場合、潜伏確変が確定し、何もついてないと小当たり(ハズレ)です。

前任者が潜伏確変のままヤメたかどうか判別するためにはカウンターが鍵となります。


パターン2
出玉有り大当たり後の潜伏(1,2年くらい前はかなりこの割合が高い機種が多かったが最近は潜伏搭載機種でもこの手の潜伏するのは少ない。)




パターン1,2共通の潜伏台の拾い方
大前提→潜伏する機種である。潜伏専用モードの抜けの有無の確認
(潜伏してない場合特殊モード抜けする機種で大当たり後浅くても通常画面なら潜伏狙いなど当然意味がない)

・小当たりをカウントしないかつ獲得出玉がわかる→前回当選の連荘数が1で獲得出玉数が0(or記載無し)の場合、出玉無し確変を引いて潜伏していることが確定。1番食えるカウンター。

・小当たりをカウントしない→前回の当たりの連荘数が1の場合潜伏確変の可能性があるが出玉有り通常との判別がつかない。(サイトセブン等のサイトで出玉グラフを確認することによって目視が可能な場合もあり)

・小当たりをカウントする→無理です諦めましょう。(実際問題小当たりをカウントするカウンターばかりで潜伏狙いがそもそも難しい)


実際に機種やカウンター等の画像を使ってPart2に続く(いつ書くかは不明)


プーーーーーーーーッシュ!
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村