20xx年、パチ屋は規制の波に飲まれた!

客は枯れ、新基準はあぶれ、あらゆる天井、AT機が絶滅したかに見えた!
 
だ ↑ が ↓ 養分は死滅していなかった!

世は再び、射幸心が支配する時代になっていった!!



⬇︎ぽちっとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ



〜 ある日の朝 〜




『ゆ、夢か…』










『…あ、もうお昼や』



この日は珍しく午前2コマしかない神日程、午後からのパチ屋へ思いを馳せ眠りについたが故に(?←)案の定起きれず

朝一おかんに起きなさい!言われたものの起きれずこの日の授業はふぃにっしゅ



…でしたが、ずーっと家にいる訳にもいかないんで学校がある雰囲気を出しつつお家を出て元気にパチ屋へ入店




【Shangri-la @ 埼玉県民約束の地】

今月40,000負けだったんで一撃で捲りたいしぱちんこでもと思いビッグドリームへおもむろに着席(無論MAXタイプ)

そして秒で2万溶けて席を立とうとした時通路の反対側から見覚えのある人物が…











ここで瞬時に顔を背けるも、相手はこちらの視線に気づいてしまった模様

そしてグングン近づいてくるその人物とは…









『…(あ、死んだわ)』



















『…(あんた何してんのという目)』




『あんた学校は?てかなんでこんなところにいるの?!バカじゃないの???』








\灼熱の母カットイン/








………











『あ、今日実は午前のみだったんよ(そもそもなんであなたもここにいるんですか…)







『あんた午前中家で寝てたじゃない!学校行ってないの?!』








『…おっしゃるとおりでございます』








くぁwせdrftgyふじこうんちゃらかんちゃら(なんか言ってるけどパチ屋がうるさすぎて聞き取れない←)』





…………









『んじゃ、そゆことで✌️』













『……(無言の圧力)』


















〜 その晩 〜














駄埼玉奮闘記 (完)
 




スポンサーリンク

実は遭遇時、隣に親には話したことないパチンカスの女友達がいたんすよ…
それも気に入らなかったみたいです…←

ていうか家から40分とかするパチ屋でカチ会うとかおかしいダルォオオオオ!?



次回更新は未定

灼熱の家族会議本前兆突入?!




いつのまにかブログ消滅してたら察してください
もうそろそろ親バレしててもおかしくない頃です

↓魔界村